売買シグナル一覧

最後の抱き線(下位)

概要 下落相場で陽線が出た翌日、この陽線を包む大陰線が出現した形を「最後の抱き線(下位)」と呼び、翌日に上寄りの陽線で引けた場合は、買いシグナルとなります。大陰線でいかにも下げ圧力が強そうに見えますが、売り勢力が出尽くし底値となる場合が多い...
売買シグナル一覧

抱き線(下位)

概要 下落相場で陰線が出た翌日、この陰線を包む大陽線が出現した形を「抱き線(下位)」と呼びます。ここが転換点となることが多く、買いシグナルとなります。抱き線のことを「包み線」とも呼びます。 チャートのポイント ①:下落相場で陰線が出現する②...
売買シグナル一覧

【ローソク足 組み合わせ】押しは空まで を解説【実チャート付き】

概要 上放れて窓を開けた後、窓開けの直前まで下落して価格が押された場合、その価格帯で下落の勢いがブロックされ、跳ね返されるように再び上昇に転じる傾向が強くなります。「窓」のことを「空」とも言うことから、このパターンを「押しは空まで」と呼び、...
売買シグナル一覧

上げ足の差し込み線

概要 上昇相場で発生したカブセ線に対して、翌日の陽線が差し込み線となったパターンを「上げ足の差し込み線」と呼び、買いシグナルとなります。 補足 カブセ線は売りシグナルとして有名で、上昇相場の雲行きが怪しくなる場面ですが、翌日の差し込み線によ...
売買シグナル一覧

押え込み

概要 上昇相場で大陽線が出現し、翌3日間で陰線が連続し、4日目に上寄りの陽線が前日の陰線を上抜いたパターンを「押え込み」と呼び、買いシグナルとなります。上昇相場がさらに続く可能性を示唆しています。1本目の陰線が大陽線の高値を下回らないことが...
売買シグナル一覧

上げ三法

概要 上昇相場で大陽線が出現し、翌3日連続で出現した陰線が大陽線の中にはらむ形となり、4日目に上寄りの陽線が出現して大陽線を上抜いたパターンを「上げ三法」と呼び、買いシグナルとなります。上昇途中の相場が一時的に休んだもので、更なる上昇に期待...
売買シグナル一覧

二ツ星/三ツ星(上位)

概要 上昇相場で大陽線の出現後、その陽線の高値付近で小短線(コマ)が2、3回連続して出現した形を「二ツ星」または「三ツ星」と呼び、翌日に上放れの陽線が出現すれば、買いシグナルとなります。上昇相場の更なる上昇に期待できます。 チャートのポイン...
売買シグナル一覧

並び赤(上位)

概要 短線が連続してジリジリと上昇している時に、パッと上放れて同じくらいの長さの陽線が2本並んだ形を「並び赤(上位)」と呼び、買いシグナルとなります。上昇相場の更なる上昇に期待できます。 チャートのポイント ①:上昇相場で短線が連続してジリ...
売買シグナル一覧

【ローソク足 組み合わせ】上値遊びを徹底解説【実チャート付き】

酒田五法の1つである「上値遊び」について、実際のチャートも使って 非常に分かりやすく解説していきます。 概要 上昇相場で大陽線発生後に5~10日程度もみ合うなか、その均衡を破るよう窓を開け上放れた陽線が発生したパターンを「上値遊び」と呼び、...
売買シグナル一覧

陰の陰はらみ

概要 下落相場で大陰線が出現し、翌日に現れた陰線が大陰線の中にスッポリと収まった形を「陰の陰はらみ」と呼びます。陰の陰はらみ出現の翌日に上寄りの陽線、もしくは陰線を包む陽線が出現すれば買いシグナルです。 チャートのポイント 【買いパターン1...