上げ足の差し込み線

シグナル一覧

概要

上昇相場で発生したカブセ線に対して、翌日の陽線が差し込み線となったパターンを「上げ足の差し込み線」と呼び、買いシグナルとなります。

補足

カブセ線は売りシグナルとして有名で、上昇相場の雲行きが怪しくなる場面ですが、翌日の差し込み線によって依然、買いが優勢であることを示します。

類似パターン

「最後の抱き線(上位)」は上昇相場で発生した陰線を、翌日の大陽線が包み込むパターンで、売りシグナルとなります。
陽線が上昇しすぎて 差し込み線 から 最後の抱き線 となった場合は注意しましょう。


下落相場での 差し込み線 は「下げ足の差し込み線」とも呼び、売りシグナルとなります。


「二本の差し込み線」は下落相場で 差し込み線 が2回発生したパターンで、買いシグナルとなります。


ローソクの基本について学びたい方は、下記リンクをご参考下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました